News Release 

インシリコ・メディシン、Deep Longevityの分社化を発表

InSilico Medicine

IMAGE

IMAGE: Insilico Medicine announces the spin-off of Deep Longevity view more 

Credit: Insilico

2020年7月14日、香港 – インシリコ・メディシンは、エイジングバイオマーカーおよび深層加齢時計ビジネスの分社化を発表します。7月4日、Deep Longevityと呼ばれる新会社は、著名なバイオテクノロジーおよび寿命に関する投資家によって提供される一連の資金調達に成功しました。同社は、生物学、医学、行動データなどのさまざまなデータタイプを利用し、加齢のペースを追跡するため、新たな人工知能の手法およびツールの開発、商品化にフォーカスします。

2016年、インシリコ・メディシンは、人間の生物学的年齢を予測する匿名臨床血液検査を記憶させ、深層ニューラルネットワークの有用性を実証する最初の査読付き論文を発表しました。それ以来、同社はラボテスト、トランスクリプトーム、マイクロバイオーム、イメージング、その他データタイプを記憶させ、幅広い深層加齢時計を公開しています。

「2014年、インシリコ・メディシンは、創薬のあらゆる側面を加速するため、幅広い生物学および化学的問題に人工知能を応用するイノベーションハブとして開始しました。老化研究にも積極的に取り組みました。しかし、会社が成長するにあたり、新たなターゲットの発見、生成化学、臨床試験の予測および独自の治療プログラムの開発におけるAIに我々の努力を注力させることにしました。今回の分社化は、AIを利用した先駆的なバイオテクノロジー企業になるという我々のコミットメントを示しています。」と、インシリコ・メディシンCEOのアレックス・ジャーヴォロンコフ博士は述べています。

###

インシリコ・メディシンについて

2014年以降、インシリコ・メディシンは、特定のパラメータを利用した新しい分子構造の生成、合成生物学的データの生成、標的識別、臨床試験結果の予測のため、生成モデル、強化学習(RL)、その他最新の機械学習の手法に焦点を当てています。インシリコ・メディシンは創業以来、5,200万ドル以上を調達、100件を超える査読付き論文を発表、25を超える特許を申請し、そして複数の業界賞を受賞しています。ウェブサイトはこちら:http://insilico.com/

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.