News Release 

血管手術の逆の方法により、透析の臨床転帰が改善される可能性がある

American Association for the Advancement of Science

ラットと患者274名を対象とした研究によれば、透析に必要な外科手技の新しい方法で、従来の技術と比較して良好な長期生存能が得られ、合併症の可能性が低下する。この方法は、よくみられる消耗性の慢性疾患である慢性腎臓病患者に対する透析の安全性と長期成績の向上に役立つと考えられる。慢性腎臓病は約3000万人の米国人が罹患し、ヘルスケアシステムの大きな負担となっており、CDCによれば2017年のヘルスケア費用は840億ドルを超える。多くの進行疾患患者は腎不全を起こし、失われた腎臓の機能を補うため透析に頼っている。現在、臨床医は、手術で動静脈瘻(動脈と静脈の間の連絡)を介して循環系にアクセスすることにより透析を行っている。しかし、1年後に十分開存したままであるのは動静脈瘻のわずか半分で、さらに手術を行う必要があり、一部の患者は新生内膜過形成のような合併症になりやすい。以前の試験で、今回の研究の複数の共著者が、RADARと呼ばれる、動静脈瘻を作る新しい安全な方法を開発した。RADARでは、従来の静脈から動脈へのアプローチを用いる代わりに、橈骨動脈から始めて、前腕の静脈に橈骨動脈を付着させる。今回、Hualong Baiらは、RADARを受けた患者201名と、従来の静脈から動脈への方法を受けた患者73名について検討した。Baiらは、RADARを用いて作製した 瘻はより迅速に成熟し、透析に使用可能なままである割合が高く、36ヵ月後に再介入を要する割合が低かったことを明らかにした。また、ラットモデルでは、RADARにより、新生内膜過形成の可能性が低下し、血行動態が改善された。「これらの知見にはトランスレーショナルな重要性があり、外科診療に影響を与えて、将来臨床試験が行われることになるだろう」とBaiらは結論付けている

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.