News Release 

ストレッチャブル物理センサの作製

Yokohama National University

Research News

IMAGE

IMAGE: The image shows schematic of the array. This silicone substrate is made of two different silicone types with different hardness values. Harder silicone, PDMS, in the pressure part can suppress... view more 

Credit: Hiroki Ota, Yokohama National University

横浜国立大学大学院工学研究院の太田裕貴准教授は,松田涼佑氏(横浜国立大学理工学府博士課程1年)らとともに,引張変形と圧力を分離計測可能なストレッチャブル物理センサの作製に成功しました.近年発展が著しいウェアラブルデバイスにおいて高い伸縮性を持つ物理センサは次世代のウェアラブルデバイスの開発に不可欠です。ただ、伸縮時におけるセンサからの信号誤差を低減する必要があります.その中でも引張変形を受けた際に圧力を個別で検出するセンサは実現されていませんでした.今回の研究ではこの問題を解決し,50 %ひずみという大変形下でも引張の影響を受けることなく圧力が検出できるセンサを作製しました.

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.