News Release 

重曹の投与が幹細胞移植後の白血病再発予防に役立つかもしれない

American Association for the Advancement of Science

Research News

炭酸水素ナトリウム(重曹や重炭酸ソーダとも呼ばれる)が、白血病患者のT細胞を再プログラミングして、幹細胞移植後の白血病再発を誘発する癌細胞の免疫抑制作用を阻止できることが明らかになった。この研究は、患者が移植後に高頻度で再発する理由を明らかにしており、再発率を低下させ治療転帰を改善させるための安全かつ単純な治療として炭酸水素ナトリウムを試験する基盤を提供している。同種造血幹細胞移植は幹細胞移植の一種であり、急性骨髄性白血病(AML)などの血液癌患者を治癒できる場合がある。しかし、白血病が高頻度で再発することが主因で、100日後の完全奏効率は17%と低い。幹細胞移植の抗癌作用を高める方法が差し迫って必要とされている。しかし、研究者は移植したT細胞がなぜ高頻度で腫瘍細胞の殺傷に失敗するのかを完全に理解できているわけではない。Franziska Uhlらは、白血病マウスモデルと移植前後の患者のT細胞を研究することで、AML細胞が乳酸(細胞環境を酸性化しグルコース代謝を妨げる)を分泌することで代謝活性を抑制し、移植されたT細胞の広がりを抑制することを明らかにした。治療を探索する際に、研究チームは制酸薬である炭酸水素ナトリウムに目を向け、AMLが再発した移植レシピエント10名において、bicaNormと呼ばれる臨床製剤がこれらのT細胞に対する抑制作用を逆転させたことを明らかにした。Uhlらは、幹細胞移植レシピエントに対する炭酸水素ナトリウムの長期効果をさらに明らかにするため、大規模の患者グループを対象にこの試験を行うことを求めている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.