News Release 

疲労を残しにくいワークアウト運動法の開発にむけて 可動域制限トレーニングはトレーニング後の疲労回復にも効果あり

Tohoku University

Research News

IMAGE

IMAGE: The computerized dynamometer (Cybex, division of Lumex, Inc., Ron- konkoma, New York, USA) used for both data acquisition and training. view more 

Credit: János Négyesi

テーピングやサポーターを用いた可動域制限トレーニングは、運動効果を高めたり怪我を予防したりするうえで有効です。東北大学大学院医工学研究科のネギヤシ ヤノシュ特任助教と永富良一教授らのグループは、下半身のトレーニングにおいて膝下サポーターを使用すると、ワークアウト運動後の疲労が軽減されることを明らかにしました。本研究によって、疲労を残しにくい新しいトレーニング方法の開発につながることが期待されます。

本研究成果は、2020年10月6日に国際科学誌European Journal of Applied Physiology(電子版)に掲載されました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.