News Release 

より良い電子接触材料の製作

American Association for the Advancement of Science

Research News

新たな研究2件では、電子「接触材料」の能力を向上する材料が紹介されており、人工皮膚の多様性を向上させることで、人間の皮膚の能力により近いものにしている。かさばったり、またはある特性について他の特性より有利に働くことなく、温度、ひずみおよび圧力の検出を電子皮膚に詰め込む方法を見つけ出すことは、数ある用途の中で、特に、装着型医療用センサー、人工補綴物およびロボット用人工皮膚の設計目標である。Insang Youらは本分野における1つの課題、即ち、温度およびひずみを個々に検出する問題の解決に向けて前進した。Youらの変形可能レセプターフィルムでは、材料中のイオン緩和による動力学が利用されて、2つの別個の測定値が生成されており、温度およびひずみの信号を相互干渉することなく収集することが可能になっている。電荷緩和時間を使用して温度が検出され、静電容量を使用してひずみが検出される。多様式のイオン・電子皮膚によってずれ、つまみ、広げおよびねじりを含む、いくつかの接触動作からひずみデータが得られる。2つ目の研究では、Sunghoon Leeらが階層式ナノメッシュセンサーを紹介しており、人間の知覚に影響することなく、このセンサーによって指の動きを監視することができる。Leeらの材料によって、かさばったセンサーなどの自然な接触に対する障害を与えることなく、対象を把持するために必要な力について研究者たちがより多くのことを学ぶことが支援され得る。Leeらの電界紡糸されたナノ細孔物質を指先に直接適用して、把持圧を検出することができる。類似した薄い高分子被膜と比較して、この材料は物理的摩耗に耐性があり、把持の際の感覚運動過程が影響を受けない。Xinyu Liuは、関連するPerspective において両材料の可能性について考察している。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.