News Release 

新型コロナウイルスの監視・検出センサシステムの開発に向けて

Tohoku University

Research News

IMAGE

IMAGE: A proposed future society. view more 

Credit: Tohoku University

新型コロナウイルスに限らず、感染症の原因ウイルスの監視・検出システムの整備が急務です。東北大学大学院環境科学研究科(工学部材料科学総合学科)の成田史生教授と英国マンチェスター大学Constantinos Soutis教授の研究グループは、圧電・磁歪材料を用いたウイルスセンサについて、現在までの研究内容を網羅すると同時に今後の研究課題を展望した包括的なレビュー論文を発表しました。

圧電・磁歪材料は、自然界環境に広く存在する未利用の運動エネルギーから電気エネルギーを回収する環境発電機能を有し、モノのインターネット(IoT)社会に必須のセンサ駆動とデータ通信用の自立電源として注目され、環境発電とウイルス検出のマルチファンクショナル化が期待されます。

###

本レビュー論文は、学術雑誌Advanced Materials (2020年11月24日付けオンライン掲載)に発表されました。

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.