News Release 

水中で機能する有機電子デバイスセンサを開発

~簡便で高感度な水中化学種検出を目指して~

Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

Research News

IMAGE

IMAGE: University of Tokyo researchers have fabricated a tiny electronic sensor that can detect very low levels of a commonly used weed killer in drinking water. view more 

Credit: Institute of Industrial Science, the University of Tokyo

水中での化学種検出は環境測定や、生化学において重要であり、簡便で定量的な検出法が求められています。有機トランジスタは小型かつ電気的な読み出しが可能であり、化学センサのプラットフォームになり得ると言えます。しかし、従来の有機トランジスタでは、水に曝露すると著しく劣化するため、水中で使用できるセンサ設計が目下の課題でした。東京大学 生産技術研究所の南 豪准教授らの研究グループは、あえて有機トランジスタの構成部材として水を用いた有機トランジスタを化学センサに適用し、水中に存在するグリホサートの検出を行いました。グリホサートは人体や環境への影響が示唆されている除草剤で、欧米諸国での使用が規制されていることから、その検出の必要性が高まっている化学種です。本研究では、分子認識部位を導入した高分子を有機半導体として用いることで、グリホサートの非常に高感度な検出に成功しました。本研究によって水系中で使用可能な有機トランジスタ型センサによる化学種の検出が達成されたことから、病気診断や環境計測などを指向した小型有機デバイス開発の加速的展開が期待されます。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.