News Release 

ハダカデバネズミはコロニー特異的な文化的に伝達された方言で「話す」

American Association for the Advancement of Science

Research News

高度に社会的なハダカデバネズミは、ヒトの地方訛りや方言に似た特有の独特なコロニー特異的な鳴き声を形成し、それぞれの社会的地位に関する情報を伝えることが、新しい研究で示された。さらに、これらの方言は世代を超えて文化的に伝達され、社会的複雑さは音声の複雑さと同時に進化するという概念が裏付けられた。ハダカデバネズミ(Heterocephalus glaber)は、繁殖を行う1匹の女家長「女王」が支配する迷路に似た地下コロニーで多世代で生活し、動物界でもっとも協同的で社会的なグループを形成する。ハダカデバネズミは他の世界の生物を非常に嫌い、他のコロニーのハダカデバネズミを攻撃し殺傷することが知られている。しかし、これらのほぼ盲目の生物が、複雑で高度に組織化された社会構造をどのようにして維持しているのかはほとんど謎である。ハダカデバネズミ社会における口頭伝達の役割を検討するため、Alison Barkerらは応用機械学習技術を記録して、世界中の別々のコロニーに住む動物の36,000個を超える「ソフトチャープ」(ハダカデバネズミの最も一般的な鳴き声)の録音の音響特性を解析した。Barkerらはハダカデバネズミには動物のグループに特有の独特のソフトチャープがあることを明らかにした。また、一連の実験で、この方言がコロニーの女王により決定されていると考えられ 、ハダカデバネズミの子が幼少期に学ぶことを示した。しかし、これらの方言は固定されているわけではない。コロニーの女王が死んだり交代したりしたときは変更され、別のコロニーで育てられた若い子は養子に迎えられたグループの方言を学ぶ。Barkerらによれば、これは個々のコロニーの方言(世代間での伝達を含めて)が遺伝的ではなく文化的であることを示唆している。「これはげっ歯類にとって驚くべき芸当であり、先天的で、不変で、遺伝的に受け継がれる大半の哺乳類の鳴き声とは対照的である。」と、関連するPerspectiveでRochelle Buffensteinは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.