News Release 

工業化集団において祖先型微生物叢を復元することのリスク

American Association for the Advancement of Science

Research News

PerspectiveでRachel Carmodyらが、工業化されたヒトの腸内微生物叢を、微生物の進化を慎重に考慮することなく健康を改善するために「再野生化」することにはリスクがあると主張している。ヒトの腸内微生物叢は、数百万年にわたりヒトと共進化してきた。しかし、人が工業化された生活に移行することで、健康を損なわせる急速な変化がマイクロバイオームに生じたというエビデンスが増してきている。これを逆転させるため、失われた腸内細菌を補充する、失った機能が行えるように微生物を遺伝子操作する、工業化されていない社会のドナーから腸内微生物集団全体を移植するなどの介入を通じて、腸内微生物叢の特性を工業化以前の祖先の状態に復元することが提案されている。しかし、Carmodyらによると、変化した微生物叢によって疾患が助長されている可能性はあるが、これは必ずしも工業化前や先祖の微生物状態に戻せば健康が改善することを意味するわけではなく、問題のある宿主-微生物叢相互作用には、急速に変化する工業化社会に対する重要な適応反応が反映されている可能性もある。今回、著者らは、工業化された微生物叢を元に戻すことがいかに効果的でないか、または問題となりうるかを議論し、工業化された人々の現代の生活習慣や環境にマッチした、健康を増進する腸内微生物叢の定義についてより深く理解する必要があることを示唆している。「健康のために腸内微生物叢を最も効果的に操作するための課題は、微生物叢を宿主、環境、または程度は低いがその両方に適合させることによって、健康のどの側面が促進されているのかを解明することだ」とCarmodyらは述べている。「復元に必要なのは、明らかに、大きなハンマーではなく、小さなメスを使った方法である。」

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.