News Release 

固体蓄電デバイスの3Dプリンティング製造法を開発~ウェアラブルデバイス電源の基盤技術として期待~

Tohoku University

Research News

IMAGE

IMAGE: The main components for the synthesis of functionalized nanoink including printing view more 

Credit: Tohoku University

3Dプリンティングによるデバイス作製技術は、オンデマンドによるデバイス作製や微小デバイスの設計を可能とすることから注目されています。東北大学多元物質科学研究所本間格教授、シュタウススヴェン准教授、岩瀬和至助教らの研究グループは、プロトン伝導性イオン液体(注4)、無機ナノ粒子、光硬化樹脂を混合して作製したインクを用いて、3Dプリント可能かつ固体蓄電デバイスに応用できるプロトン交換膜を開発することに成功しました。

本研究で用いた手法は、多様なイオン液体や無機材料を出発原料として利用できることから、現在開発が活発に行われているウェアラブルデバイスやフレキシブルデバイスの電源として機能する固体蓄電デバイスを作製するための基盤技術となると期待できます。

###

本成果は、2021年3月29日に、ACS Applied Energy Materials誌にオンライン掲載されました。

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.