News Release 

「海底地すべり」現象を再現する計算力学の新手法を開発

Tohoku University

Research News

「海底地すべり」が誘発する津波は、土塊・流体が影響し合う複雑な自然現象であるため、その解明が大きな課題となってきました。東北大学災害科学国際研究所の寺田賢二郎教授ら研究チームは、最先端の計算力学手法を複数組み合わせることで新たに開発した「MPM-FEMハイブリッド数値ミューレーション手法」により、「海底地すべり」を時空間上で精緻に再現できることを実験上で確認しました。今後、本研究成果の応用により、2018年にスラウェシ島付近で発生した海底地すべりや、それによって引き起こされた津波の解明が進展することが期待されます。

本研究成果は、2021年5月13日にComputational Mechanics誌に掲載されました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.