News Release 

パンデミックインフルエンザに対する広域中和抗体により新たなワクチン標的が明らかになった

American Association for the Advancement of Science

Research News

B細胞が、他のさまざまなインフルエンザ株も中和できる抗H1N1インフルエンザウイルス抗体を産生できることが、新しい研究で明らかになった。これは、幅広く使えるインフルエンザワクチン候補に関する研究に情報を提供できる進歩である。知見から、抗体がウイルス(2009年のブタインフルエンザパンデミックの原因)の2つの保存領域を標的としていたこと、および抗体を投与したところマウスを致死的な感染から保護できたことが示された。この研究は、この2つの部位を標的としたワクチンが、さまざまなインフルエンザ株を予防できる可能性があることを示唆している。インフルエンザは人類の最大の敵となる微生物の1つであり、季節性インフルエンザと、世界的に健康の大きな脅威となっている重度のインフルエンザパンデミックの原因となっている。季節性インフルエンザに対する現行のワクチンは、赤血球凝集素(インフルエンザウイルスの主要な表面抗原)の「頭部」領域に対する抗体を誘導する。しかし、この戦略では数系統のインフルエンザしか予防できず、これらの抗原部位は高頻度で変異するため毎年新たなワクチンが必要となる。Jenna Guthmillerらは、よりよいワクチン標的を探索して、2009年のパンデミックH1N1インフルエンザウイルスに曝露されたメモリーB細胞から得た抗体の性質を検討した。その結果、B細胞が、受容体結合部位または側面パッチエピトープ(多くのインフルエンザ株で保存されている赤血球凝集素頭部の2つの領域)を標的とする抗体を産生したことが明らかになった。そのため、これらの抗体は試験したほとんどのH1インフルエンザウイルスを中和し、側面パッチに対する抗体はH3N2株およびインフルエンザBとも反応した。さらに、マウスに抗体を投与すると、致死的な用量のH1N1インフルエンザから保護でき、複数の側面パッチ抗体は、主要な抗原部位に変異のある天然の最近のインフルエンザ株も中和した。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.