News Release 

古来の人間‐食料間のフィードバックで熱帯の食料安全保障は向上する

American Association for the Advancement of Science

Research News

Bernardo FloresとCarolina LevisはPerspectiveで、熱帯林における地元住民と食料入手可能性間のポジティブフィードバックについて考察している。以前は、熱帯林は生存に適さない過酷な環境で、そこに大勢の人が住んでいるようなことはほぼなかったと考えられていた。しかし多くの研究機関が、人は13,000年以上にわたって熱帯林という環境に住み、繁栄し、自然景観を森林という庭園に変えたと述べるようになってきている。アマゾン ―― しばしば未開の熱帯林の典型とされる地域 ―― でさえ、人間と密接な関係のある食用植物種が非常に多く見られる。FloresとLevisはこれら熱帯林の社会・生態システムを取り上げている。そのシステムによって地元住民は食用植物種で豊かな森林を築き、そういった非常に生産性の高い森林のおかげで食料入手可能性は全般的に向上し、森林社会が発展した。FloresとLevisは、古くからのこの関係を活用して先祖伝来の森林という土地を地元住民が確実に利用することは、これらの繊細な環境を保護する取り組みに役立つとともに、熱帯地域における食料安全保障と地域住民の管理権も拡充させると考えられると述べている。世界では10億を超える人々が食料を森林資源に頼っている。とりわけ熱帯地域での依存は大きい。熱帯地域の先住民や地元住民は歴史的に ―― 時には数千年にわたって ―― 食用植物種で森を豊かにしてきた。彼らが管理してきた土地は今日でも森林破壊や景観劣化に対する緩衝材の役割を果たしている。「古くからのこのフィードバックが引き続いて機能するためには、先祖伝来の森林という土地に対する先住民と地元住民の権利を認める必要がある」とFloresとLevisは書いている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.