News Release

トランスユーラシア言語が農耕と共に新石器時代に拡散した ー歴史言語学、考古学と遺伝学の学際的研究成果―

Nature誌の新しい論文では、国際的研究チームが歴史言語学、考古学および遺伝学の「三角測量」によって、トランスユーラシア言語の起源と初期拡散を解明した。

Peer-Reviewed Publication

Max Planck Institute for the Science of Human History

トランスユーラシア言語の共通点の多くは借用によるものにもかかわらず、最近の研究では、これらの言語を系図グループ、または共通の祖先から出現した言語のグループとしての分類を支持する信頼できる証拠のコアが示されている。 しかし、これらの言語と文化の祖先の関連性を受け入れると、最初の話者がいつ、どこに住んでいたか、子孫の文化がどのように維持され、相互作用したか、そして数千年にわたるそれらの分散の経路について新しい課題が生じます。

ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所を中心にした、中国、日本、韓国、ヨーロッパ、ニュージーランド、ロシア、米国の研究者を含む国際チームが11月10日Nature誌に発表された論文は、言語拡散の「農耕仮説」を学際的に支持し、トランスユーラシア言語の最初の拡散が東北アジアにおける新石器時代前期のキビ・アワ農耕民の移住と関連すると結論する。新たに解析された中国、韓国および日本の古人骨ゲノム、広範な考古学データベース、および98言語の語彙概念の新しいデータセットを使用して、トランスユーラシア言語の祖先コミュニティの時間の深さ、場所、および分散ルートを三角測量で分析した。

言語学、考古学、遺伝学から得られる証拠によると、トランスユーラシア言語の起源は西遼河地域のキビ栽培の始まりおよび初期のアムール遺伝子プールまでさかのぼる。 新石器時代後期、アムール地域遺伝子を持つキビ・アワ農耕民は北東アジアの隣接する地域に広まった。 その後の数千年の間に、原トランスユーラシア語から分岐した枝の話者は、黄河、ユーラシア西部および日本列島の縄文文化と混ざり合い、稲作、麦等のユーラシア西部の作物、牧畜民のライフウェイをトランスユーラシアのパッケージに加えた。

筆頭著者であるマックス・プランク人類史科学研究所の言語考古学グループArchaeolinguistic Research Groupのマーティン・ロベーツ教授によると、「一つの学問だけでは言語の拡散を取り巻く大きな問題を決定的に解決することはできません。しかし、言語学、考古学、遺伝学の3つの分野を組み合わせると、シナリオの信頼性と妥当性が高まります。3つの分野によって提供された証拠を調整することにより、3つの分野のそれぞれが個別に提供できるよりも、トランスユーラシアの移住についてよりバランスのとれた、より豊かな理解を得ることができました。」

三角測量に使用される言語学的証拠は、ほぼ100のトランスユーラシア言語から、250を超える概念を表す3000を超える同根語セットの新しいデータベースから得られた。 このことから、研究者たちは、西遼河地域に住むキビ栽培の農耕民に、9181年前に遡る原トランスユーラシア語のルーツを示す系統樹を構築することができた。

研究チームの考古学的な結果は、約9000年前にキビの栽培を開始した西遼河流域にも焦点を当てる。中国、朝鮮半島、ロシア沿海地方及び日本を含む、255箇所の新石器時代・青銅器時代の遺跡から出土された遺構・遺物をデータベースに入れ、ベイズ推定分析を行って結果、西遼盆地の新石器時代の文化クラスターを示した。 その後、そのクラスターが韓国新石器文化およびアムール、沿海地方、遼東の二つに枝分かれした。さらに、青銅器時代に朝鮮半島でイネとムギが追加され、約3000年前に日本にも伝えられた。

縄文ゲノムは韓国にもあった

韓国の欲知島 Yokchido 遺跡出土の女性人骨のDNAが95%縄文という結果が得られた。年代は新石器時代中期、紀元前3500―2000年と推定する。九州と韓国の間、黒曜石や貝製品などの交易が縄文時代にあったことは考古学的な調査で既にわかっていたが、DNA分析で証明できたことは大きな結果である。また、従来の考古学者はこの縄文時代の日韓交易が男性を中心とした漁猟集団が行ったと考える研究者が多いが、欲知島遺跡の縄文系人骨は女性であったことから、男性と女性が両方この交流に参加したことがわかる。

欲知島 以外の二箇所の韓国新石器時代の遺跡のサンプルも、10 ―20% の縄文系DNAを持ったことが解明された。半島ではこの縄文系DNAが少なくて6000年前までに遡る。これは九州などの縄文文化との交易によってできたか、元々縄文系のヒトが半島にいたかどうかは今後の研究が必要とする課題である。

ゲノムレベルで弥生時代の大型移住を確認

今回の研究では、北部九州の弥生時代遺跡福岡県安徳台および隈・西小田を二箇所DNA分析して、今までより弥生時代の「渡来人」の遺伝的な位置づけが解明された。ゲノムレベルで大陸から大型移住があったと結論する。

沖縄人の起源:「二重構造モデル」を矛盾する結果

今回の研究では、初めて沖縄から古代DNAゲノムが得られた。サンプルはマックス・プランク人類史科学研究所のマーク・ハドソンが発掘した宮古島の南嶺の長墓遺跡(パインミヌナガバカ、以下、長墓遺跡)から出土された人骨である。長墓遺跡は近世および先史時代の2つの時期がある。近世の人骨は現代沖縄人とほぼ同じ約20%の縄文DNAを持つ。言語学や考古学の結果と合わせると、中世(グスク時代)に九州からたくさんのいわゆる「本土日本人」が農耕と琉球語を持ちながら、琉球列島へ移住したと推定できる。この結果は、沖縄人が縄文人の系統を引くと結論する埴原和郎の「二重構造仮説」と矛盾する。

一方、長墓遺跡の先史人は100%縄文という結果が解明された。これは従来の先島先史時代の人々が台湾またはフィリピンなどから由来した「南方説」と矛盾する。宮古島の先史時代は縄文系の土器などの物質文化は確認されていないが、ゲノムレベルでは縄文の人々であった。八重山の先史人も縄文系かどうか、あるいは台湾からについては今後の分析が必要が、今回の研究では縄文文化と縄文ゲノムが必ずしも一致しないことが一つの大きいな結果である。

まとめると、この研究の結果は、何千年にもわたる広範な文化的交流によって隠されているにもかかわらず、トランスユーラシア言語は共通の祖先を共有し、トランスユーラシア言語の初期話者の拡散は農耕によって推進されたことを示しています。

「自分の言語、そしてある程度は自分の文化のルーツが現在の国境を越えていることを受け入れるには、ある種のアイデンティティの方向転換が必要になるかもしれません。それは、人々にとって必ずしも簡単なステップではありません」とロべーツ教授は言います。 「しかし、人類史の科学は、すべての言語、文化、および人々の歴史が、長期間で相互作用と混合があったことを示しています。」

今回の研究は、言語学的、考古学的、遺伝的手法の三角測量が仮説の信頼性と妥当性をどのように高めることができるかを示しているが、著者はさらなる研究の必要性を認識している。 マックス・プランク言語考古学研究グループのマーク・ハドソンによると、「トランスユーラシア言語の最初の拡散は新石器時代にあったが、その後にも複雑な歴史があります。今回の研究でたくさん新しいことがわかりましたが、今後の課題も数多く残っています。」


Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.